絶対庭に植えてはいけない植物💀 ベスト6


 ガーデニング関連のネットでよく見かけるタイトルに「絶対庭に植えてはいけない植物ベスト5」とかベスト10など見かけますが、その中でどのサイトでも1~2を争っているは「ドクダミ」と「ミント」です。
 そしてそれに続くのが、ノウゼンカズラや藤、蔦、竹などです。 さすがに我が家に竹はありませんが、よく考えて見ると我が家の庭は、植えてはいけない植物💀のオンパレードです。(-_-;)

2021511p1.jpg


 ドクダミ
 亡き母がドクダミ茶などに利用していたものが、グランドカバー植物リシマキアの中から時折にょっきりと顔を出しますが、特に厄介な植物だとは思いません。リシマキアの繁殖力の方が強く、我が家では全く忘れ去られた存在です。

 山歩きをしていると、木漏れ日の中に白く清楚な花を咲かせているのを見かけますが、ハッとするほど美しいと思うことがあります。
そもそもガーデニングの敵のように扱われるのは「ドクダミ」の名前にも関係するのではないでしょうか。毒にダニみたいで、聞こえが悪すぎます。 昔から薬草として利用されてきた植物で、薬効が多岐にわたり十薬として知られ、特に毒を下す作用が強い事からドクダミと名付けられたようです。決して草に毒がある分けではありません。逆に毒を鎮めるのです。

 私にこの花の名前を付けさせてくれたら「ドクトリソウ」とか、医療の赤十字をもじって、白い十字の花を咲かすから「シロジュウジソウ」などカッコ良い名前を付けてあげたのにね。(^^♪

 こんなにお役立ち植物なのに、危険植物💀のラベルを貼られたドクダミが可哀そうだと思いませんか?

2021511p2.jpg


 ミント
 現在我が家にあるのは、オーデコロンミント、レモンバームミント、アップルミントです。 この中で一番のお気に入りはレモンバームミントです。レモンと間違うほどの爽やかな香りが素敵なのですが、夏の暑さに弱いのか他の草花に生息地を奪われてすぐに消えそうになります。お菓子や料理の付けたし、ミントティー入浴剤にと利用価値が多いです。オーデコロンミントは香水のオーデコロンの香りを庭に漂わせてくれます。これも伸びすぎたら刈り取って入浴剤にしています。

 ミントは地下茎で増えるので、不要となると確かに撤去に手間がかかりますが、利用方法の多い植物なので使ってやれば増えすぎて困るということもありません。

2021511p3.jpg


 万年草(セダム)
 多肉植物セダムの一種で、日本古来の物は海岸の岩場や道路端の少し砂が溜まったような場所で群生しているのを見かけます。
乾燥に非常に強く、他の植物が繁殖出来ないような場所でも生き永らえるので万年草と名付けられています。

 我が家には、万年草と白花万年草、ツルマンネンソウ、フイリマンネンソウの4種を庭にグランドカバーとして植えています。この中でツルマンネンソウの繁殖力には目を見張る物がありますが、根が非常に浅く不要となれば撤去は簡単です。万年草と名前が手強そうですが、劣悪環境には強くても肥えた土地では他の植物に追いやらてしまいます。

2021511p4.jpg


 ツタ(アイビー)
 つる性の植物で、放っておくと全てを覆いつくして家ならお化け屋敷のようになってしまいます。木造の日本家屋の場合は内部にまで侵入して被害を出しますが、石造りのヨーロッパなどでは歴史を感じさせることもあります。
 我が家では、コンクリートブロック塀が古くて汚くなったので、塀限定でナツヅタを絡ませています。ブロック塀の武骨な印象が蔦の葉で柔らかくなり気に入っています。秋の紅葉も綺麗です。

2021511p5.jpg


 ノウゼンカズラ
 ハイビスカスのようなトロピカルな雰囲気が好きで植えましたが、5年前の台風でアーチごと倒れたので撤去しました。
庭にあった当時は確かに蔓がどんどん伸びて、年に何度か選定しないとすぐに見苦しくなりましたが、トロピカルでビビットな花を見ると元気を貰えました。(^^)/

2021511p6.jpg



 フジ
 つる性の植物で放任すると確かに見苦しく大変な事になります。でも普通の庭木と同じように年に2回ほど剪定してやると、毎年きれいな花を楽しませてくれます。棚造りにすれば心地良い日陰も作ってくれます。

2021511p7.jpg


 結論、手を掛けず、何もしないで、きれいな花や緑の葉を見ることは出来ません。
動物のペットも同じですよね。散歩に食事、下の世話、大変です。それから思うと植物は数段楽です。

 それにしても、我が家に「植えてはいけない危険植物」が多いのはなぜか考えて見ると、それは、冬の寒さや夏の暑さに弱い子に手間暇かけてもすぐに消えちゃうけど、「植えてはいけない植物」は手間を掛けなくても丈夫に育つからです。手間と言えば、ちょっと育ちすぎるのを押さえる手間くらいでしょうか。

 取り上げた危険植物以外にも該当するものは沢山ありますが、共通点としては暑さ寒さに強く、地下茎で増える種類やつる性植物の様です。
 こんな最強軍団の庭ですが、一番最強の雑草と感じるのが、カタバミです。種類も多く、根で増えるし種で増えるし、至る所から顔を出すカタバミには参ります。(-_-;)

2021511p8.jpg

 もう一つ、私の手に負えない植物は、なんと! あの! みんなが! 愛する! 薔薇です。(>_<)
我が家では農薬を全く使わないので虫が付いたら手の施しようがありません。剪定をしたら棘が痛くて堪りません。剪定後の枝を処理しようと思っても手で持つことすら出来ません。長年我が家にあった2本の薔薇も、昨年手に負えず処分したので庭には薔薇の木が1本もありません。

 これはあくまでも個人的な好みや意見なので、自分で手に負える植物かどうかはご自身で判断してください。


 



どう見てもエイリアン

202157et1.jpg

 知り合いが釣った魚のコモンサカタザメですが、どう見てもエイリアンですよね。(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
子供の頃見たウルトラマンの中で、こんな顔した怪物がいた様な・・・  セミの顔した奴も覚えています

サカタザメの仲間で、体表に小さな斑紋があるのでコモンサカタザメ。
サメと名が付いていますがエイの仲間です。やっぱりエイリアンか? 

 丹後の釣り魚図鑑にアップしておきました。
202157et2.jpg

 地方名はスキザメとかスキノサキがあるようで、水田を耕す鋤(スキ)の形に似てるからです。サカタも逆田で水田を耕す意味があるのかも知れません。


 丹後では今、その水田を耕す真っ最中です。
202157et3.jpg


 水田に次々と水が張られてゆきます。
202157et4.jpg


 水鏡に新緑が映える美しい季節です。
202157et5.jpg









新緑が燃える!

202153s3.jpg

 落葉樹の新緑に常緑樹の芽吹きが加わり目の覚めるような色合いで、緑が燃え上がっているようなオーラを感じたので、「燃える」としましたが、やはりこの場合は「萌える」ですね。

202153s2.jpg


 新井﨑漁港
202153s4.jpg


 春夏秋冬、日本の四季は本当に美しいと思います。コロナが蔓延しつつありますが、日本に生まれ育って良かったと 今更ながらに実感します。

202153s1.jpg





紛らわしいフグ


 野の花でも魚でも環境などにより容姿が微妙に変わり、種類の特定が難しい時があります。
最近の丹後沖ではマフグの活性が非常に高く、釣り人を困らせていますが、昨日はその中の一匹が、マフグの特徴の胸びれ付近から尾びれにかけて走る黄色のラインが殆どない「トラフグ?」と思わせるようなのが釣れました。
 しかし、じっくり観察すると尻びれが黒い、背中が滑らか、体色が僅かに薄い事でマフグと判定しました。

2021429ma1.jpg

 いずれにしても、💀毒があり、素人料理手では食べれないのでリリースですが、介護が必要な身体になった時には、美味しいトラフグを自前料理で食べて、舌鼓を打ちながら逝ってもいいかなと思います。(^^♪


 トラフグ  写真では分かりにくいが、背中を触ると細かい棘がありザラザラする。
2021429ma2.jpg


 マフグ  背中が滑らかで、ナメラフグの別名がある。
2021429ma3.jpg





シャクナゲの花はお寺や神社がお似合い

2021421s1.jpg

 シャクナゲは花を見ても分かるようにツツジ科ツツジ属の花ですが、花弁がやや薄くデリケートな感じで、他のツツジの様に木全体を覆いつくすように咲かすのではなく、肉厚の葉を台にしてその上に花を飾る様に咲かせます。そのためか豪華さの中に妖艶な美しさが感じられます。

2021421s8.jpg

 シャクナゲは神社やお寺などの木陰でひっそりと咲く姿がお似合いです。

2021421s2.jpg

 丹後では成相寺のシャクナゲが有名ですが、ご本尊様が「聖観世音菩薩」別名・美人観音なので、きれいなシャクナゲの花は観音様の化身の様に思えませんか?

2021421s3b.jpg

2021421s4.jpg

2021421s5.jpg

2021421s6.jpg

 見渡す山の木々が新緑で色付き始めました。

2021421s7.jpg





藤の花が咲き始め我が家の庭も春爛漫

2021419fu1.jpg

 いつもは岩滝祭りの頃が見頃なのですが庭の藤が咲き始めました。

2021419fu2.jpg
 藤棚の上は咲きそろっていますが、下はまだこれからです。5分咲きといった感じです。
2021419fu3.jpg

 クレマチスも咲き出しました。

2021419fu4.jpg

 ロックガーデンも花盛りです。

2021419fu5.jpg

 寒くもなし、暑くもなし、一年で一番うれしい季節です。

2021419fu6.jpg

2021419fu7.jpg

2021419fu8.jpg

2021419fu9.jpg

2021419fu10.jpg

2021419fu11.jpg

2021419fu12.jpg






2021 たんとうチューリップまつり

2021415chu1bb.jpg

 今年はやっぱりこれですね。 コロナ収束を願って「アマビエさん」

2021415chu2.jpg

 今年は開花が早く、4月15日開園予定が12日(月)に前倒しとなっています。

2021415chu3.jpg

 入園料 大人800円、高校生以下無料
 マスクは必ず着用
 フードコートなど飲食店はありません

2021415chu4.jpg

 天気も良く沢山の方で賑わっていましたが、出かけられない方のために写真を載せておきます。

2021415chu5.jpg


2021415chu6.jpg


2021415chu7.jpg


2021415chu8.jpg


2021415chu9.jpg


2021415chu10.jpg


2021415chu11.jpg


2021415chu12.jpg


2021415chu13.jpg






タイラバで恵比寿さんになりました!

202149eb1bb.jpg

 恵比寿さん(えべっさん)と言えば七福神の内の恵比寿天のことを親しみを込めて言う呼び名ですが、実は「恵比寿天」以外はインドや中国由来の福の神であって、恵比寿天だけが日本古来から伝わる福の神なんですね。そのためか親近感が他の神様と違うような気がします。衣装からしても如何にも日本人ぽっいですよね。

 恵比寿さんと言えば左手に真鯛を抱え、右手に竿を持った姿がトレードマークのようになっており、漁業に関わる人々から絶大な信仰を集めており、遊びにおいても恵比寿さんに願えば大きな鯛を釣らせてくれそうな気になりますね。(^^)/

 ところがその恵比寿さんに頼らなくても最近の釣り具の進化は目覚ましく、その中の一つがタイラバで、大真鯛を狙ったように簡単に釣らせてくれます。タイラバは同じルアー系の釣りでもジギングの様にさほど体力を必要としないので、年配の釣り人からも支持を得ています。
 タイラバの仕掛けの釣りは いたってシンプルで、糸の先にオモリとゴムの切れはしと鈎がセットになったスカートと呼ばれる仕掛けを、船の上から海底まで落とし、中層まで一定速度で巻き上げるだけの釣りです。

202149eb4bb.jpg

 タイラバ自体は瀬戸内などに古くから伝わる漁法ですが、それを一般の釣り人に広めたのは、若い人の疑似餌で釣るルアーブームと、釣り具の進化ではないでしょうか。
 特に瀬戸内と比べて水深の深い日本海での釣りではこの道具の進化が重要で、今までの掛かり釣りで使う竿とリールにタイラバを付ければ釣れるという物でもありません。重要なのは、一日手に持っていても疲れない軽い竿とリール、潮の流れに抵抗の少ない細いPEラインで、欲を言えば鉛よりも比重の重いタングステンヘッドがあればベストです。

 なぜ糸が細くないといけないかと言うと、タイラバやジギングの釣りではドテラ流しという、船を風に対し真横に向けて(フィッシングタイプの船は自然とそうなる)流しながらの釣りで、その日の風や潮の流れにもよりますが、船はかなり早い速度で流されます。そのうえ日本海での真鯛ポイントが深いので、道糸が太いとタイラバヘッドが底に着くまでに糸が水の抵抗でどんどん弧を描く様に膨らんでゆきます。そうなるともう船の上からはタイラバヘッドが底に着いたのか着いてないのか分からなくなります。それが道糸が細いと水の抵抗を受けにくく、竿先からタイラバヘッドまで直線に近い状態となり、底へ着いたか、魚が当たっているか分かりやすくなります。

 具体的に日本海・丹後沖での釣りで真鯛を狙うのは70m~120mの水深になるので、タイラバヘッドの重さは鉛なら120g~200g、タングステンなら100g~180gを用意すると良いです。
 竿とリールはタイラバ用として売られている物が無難で、リールに巻く道糸はPE1号~1.5号で、その先に付けるリーダーはPEの強度よりやや低い、6号~8号で良いと思います。

 瀬戸内でよく遊ばれているお客さんが丹後に来られたセットを見ると、タイラバ80g、PE0.8号、リーダー3号など、かなり繊細な仕掛けが多く、それでは70以上の真鯛やブリが掛かった時は心配ですね。

202149eb2.jpg

 エサ釣りで大真鯛を釣ろうと思うとそれは大変で、エサ取りの小魚との闘いになりますが、このタイラバは本当に狙ったように真鯛が釣れます。それでも着底後直ぐにガシラやレンコ鯛、アマダイなど美味しいゲストも掛かります。

 恵比寿さんが今心配しているのは、何十年と生きて来た大真鯛がこんなに簡単にボコボコ釣れると、丹後の海から大真鯛がいなくなるのではないかと思う事です。
 実際、タイラバがブームなって10年あまり、遊漁船の釣果情報を見ていても70cm級の真鯛が10枚20枚と釣れてるのをよく目にします。 釣れる日ばかりある分けではありませんが、これが10艇程の遊漁船にプレジャーボートの釣った真鯛を足すと、一日に100匹200匹の大真鯛が釣られ、丹後の海からいなくなると言う事なのです。(-_-;)

 何事もほどほどにしておかないと恵比寿さんから見放されそうですね。

202149eb3.jpg






日本一のヤブツバキ

202146sn1.jpg


日本一のヤブツバキの巨木と言い切る事は出来ませんが、与謝野町滝には推定樹齢千年とも千二百年とも言われる、日本最長寿級のヤブツバキの巨木があります。

202146sn2.jpg


 今年は平年と比べ沢山の花を咲かせており見ごたえ十分です。 いつもは木が大きすぎて花が沈んでしまっていますが、今年は圧倒的な量の花で深紅のオーラを出しています。

202146sn3.jpg


 樹高9.7m、幹回り3.26m、枝張りは南北14m、東西13mあります。 ヤブツバキの巨木では、富山県氷見市にある「老谷の大ツバキ」が幹回り3.89mと上回っていますが、樹高・枝張りでは、樹高7.5m、枝張り南北11m、東西7.9mと、「滝の千年ツバキ」の方が上回っています。

202146sn4.jpg


 ヤブツバキは、ツバキ科ツバキ属に属する日本固有の常緑樹で、北は青森から南は沖縄まで広く自生しています。そのため、古くから人々に親しまれ、その控えめな様子が日本人の気質と合い、茶花として好んで使われてきました。

202146sn6.jpg


 ツバキは観賞だけではなく、その種子からはオレインを含む良質の油が採れ整髪料や薬用などに使われているが、かつては食用の天ぷら油としても利用されていました。

202146sn7.jpg


 ツバキの花は鳥が花粉を媒介する鳥媒花としても知られています。そのためか鳥が花に止まっても花弁が簡単に落ちないように、分厚く花弁同士が固く付いています。そのためサザンカのように花弁が散ることはなく、花が終わると花首からそのままの姿で落ちます。
 まだ雪の残る寒い時期から花を咲かすツバキは鳥たちにとって貴重な食糧源であり、ツバキにとっても虫の少ない時期、鳥は花粉を媒介してくれる頼もしい協力者のようです。

202146sn8.jpg







ヒュウガミズキ、実は本名はタンゴマンサクだった!

202141h1.jpg


 植物学者が命名した花の名前はそう簡単に変えることは出来ませんが、このヒュウガミズキはすべてが(・・??不可解な花木です。
名前のヒュウガミズキ(日向水木)から想像すると、自生地は南国の日向の国(宮崎)を想像しますが、実は原産自生地は丹後周辺ではないかとする説もあります。
 そして種類学名らしきミズキ(水木)にしても実はミズキ科の植物ではなく、マンサク科の植物で、実はミズキとは関係がなくマンサクだったのです。そうするとやはりヒュウガミズキではなく、タンゴマンサクだと思いませんか?

 もしタンゴマンサクに改名されたら! この可愛いらしい花から「それは止めてちょうだい」と訴えが届きそうですね。タゴサクみたいだもんね(-_-;)

 もちろんこれは個人的な冗談話ですが、植物の科や属名は研究が進んで変更されたと言う事はよくあるようです。

202141h2.jpg


 ヒュウガミズキの自生地は近畿北部から北陸の日本海沿岸で、自生数が少なく比較的希少な植物ですが、大江山周辺では数多くの自生を見ることができます。大江山周辺は蛇紋岩など栄養分が乏しい岩場が多く、日本海からの潮風を受ける厳しい環境ですが、ヒュウガミズキはそうした環境に強く、他の植物を抑えて個体数を増やしているのではないかと思います。

202141h3.jpg


 名前の由来については、ヒュウガミズキによく似た花にトサミズキやイヨミズキがあり、そうした花よりヒュウガミズキはやや花が小さいので、ヒメミズキとされたのが転じてヒュウガミズキとなったとする説や、この地域に由来のあった戦国武将に明智光秀があり、織田信長から授かった別名が日向守光秀だったことから、その名にちなんでヒュウガミズキと名付けられたとする説もあります。

202141h4.jpg


 こちらはミツマタの花です。
今年は雪が多かったせいか、ほとんどの枝が押し倒され、地面を這うように花が咲いていました。

202141h5.jpg


 うなじ姿も魅力的ですね。

202141h6.jpg


 春の甘い香りに癒されました。

202141h7.jpg


 宮津高校建築科の生徒さんが作った東小屋、(茶屋ヶ成亭) 絶景を眺めながら一服いかがですか。

202141h8.jpg


 障子に目あり、小枝に耳あり。
202141h9.jpg


 キブシ
202141h10.jpg


 ダンコウバイ
202141h11.jpg


 サンシュユ
202141h11bb.jpg


 ヤマハンノキ?
202141h12.jpg








フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん

血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


マイリンクバナー
. km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg . diygardening.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
                              
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR