ロウバイの花が寺でひっそりと咲いていました


2021123rb1.jpg

2021123rb1b3.jpg

2021123rb1b5.jpg

 冬の冷気に漂うロウバイの香りが、何とも言えない厳粛性を感じさせてくれました。

 花弁が黄色のやや半透明で、その質感が蝋細工の様であることから「蝋梅」と名付けられたとも言われていますが、他に臘月(ろうげつ:旧暦12月)に咲くことにちなむと言う説もあります。私的には、臘月という言葉にほとんど馴染みが無いので、蝋細工の蝋梅(ロウバイ)に一票ですね。

2021123rb2.jpg

 花柄が短く、花が枝にまとまって咲く様子が梅に似ることから、梅の名が付いていますが、梅はバラ科、蝋梅はロウバイ科に属し、似て非なる物のようです。
 
2021123rb4.jpg


 一般にロウバイと呼ばれる花は、その中心部が暗紫色をしていますが、これは中心部も黄色のソシンロウバイのようですね。
 
2021123rb3.jpg







関連記事

フリーエリア

プロフィール

丹後の山ちゃん

Author:丹後の山ちゃん

血液型 : 不明
年齢 : 気持ちは万年青年
おひつじ座のとら年です。


マイリンクバナー
. . . . km234a2.jpg .        zukan234b.jpg .         tanken1.gif .        onsen234a.jpg .        on-kk1.jpg .        turi234jo.jpg .        zukan234b.jpg . diygardening.jpg
カテゴリ
最新記事
リンク
コマーシャル
                              
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR